茨城県、東京五輪ボランティア 看護職の7割辞退

オリンピックとコロナの両立は現実的には難しいのかもしれないですね

オリンピックの報道で、医療従事者のボランティアが不足している報道を目にしますが、その他の要因も含めて考えると、これまでと同じ形態のままオリンピックを開催するのは、難しいのかな?と個人的には思います。スポーツは好きなので、オリンピック、是非、開催できればと思うのですが・・・。

茨城県

組織委は日本看護協会に看護師500人の派遣を依頼している。県看護協会には4月20日に日本看護協会から協力依頼が届き、「10人以上」の看護職の確保を求められたが、県協会は協力は「厳しい状況」と回答したという。

茨城新聞

東京五輪ボランティア 看護職の7割辞退 医療体制逼迫背景に 茨城・鹿嶋会場(茨城新聞)https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16208279047792

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。