一筋の希望の光

経営者の決断と院内の変化がきっと明日へのチャンスとつながる

一般社団法人 日本医療業務支援機構 理事長 石飛隆敏

石飛隆敏

今回の長引くコロナ禍によって今までの生活が立ち行かなくなる人が増えている。誰でも「生活困窮」と聞いていい気がする人は一人もいないだろう。金銭や物が底をつき、生活に困り果て行きづまって身動きのとれないことをいう。ご存知の通り、コロナの影響で接客業、観光業、ホテル業などでは大幅な収入減に陥っており、そこで働く従業員の生活困窮は顕著だ。今や日本のほとんどの業種でコロナの影響が拡大し出口の見えない深刻な状況となっている。

そこで、危惧されるのは医療崩壊である。第三波到来によって感染者数がさらに拡大する中、医療用具や医療機器、ベッド等の不足だけでなく医療スタッフ自体や重なる心身の疲労も心配だ。先ほど申し上げたが、生活困窮者も増加する状況の中、政府の生活費支援のための多少の現金支援は実行されたにしても、患者の医療費支払い支援までの対応は実現できていない。

そうなると、現在の医療機関における厳しい経営環境のうえに未収金増加なども避けられない状況が簡単に想像できる。元来、日本人は幾度の逆境を知恵と工夫、絆で乗り越えてきた。悲観し続けるのでなく「この局面をどう乗り越えるか」を常に考えるべき。

このコロナ禍だからこそ今まで変えられなかった自院の課題を解決する絶好の機会で、経営者の決断と院内の変化がきっと明日へのチャンスとつながる。コロナ禍でその先の「一筋の希望の光」がもれる扉を開くときは今しかない。

引用:産労総合研究所『医事業務』(とびさんの第六感!) より

産労総合研究所ホームページ https://www.e-sanro.net/magazine_iryo/iji/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。