訪問看護ST、人員基準、看護師60%以上

介護給付費分科会で訪問看護STの人員基準が話し合われています

訪問看護STで看護師の割合が高い場合は、算定内容から症状が重たい患者さんへのサービスがされる傾向があり、看護師の割合が低いところは相対的に理学療法士などの割合が高く、リハよりの活動が多いことが論点になっています。仮に、看護師60%以上の基準が設定された場合、どこまで現行のサービスが運営可能なのか少し不安です。

厚生労働省

訪問看護の報酬・基準について(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000694882.pdf

厚生労働省
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。