患者が自身カルテ閲覧で「理解増」

病棟にカルテ閲覧用PCを設置

群馬大学で入院患者がパソコンで自分のカルテを見られるシステムを導入したそうです。その記事で、患者さん自身が自分のカルテを見たことで病気への理解が増したと、9割の方が答えたそうです。

群馬大学

患者さんが自身で自分のカルテが見えるシステムは亀田総合はじめ、複数の施設で取り組みが進められています。個人的には、患者さんのニーズへの対応、医師との信頼関係構築などには効果があるように思います。

実際にどこまで患者さんがカルテ情報からご自身の状況を理解できているかの判断は、慎重に調査が必要な気がします。

患者がカルテ閲覧 9割「理解増した」 群大病院(上毛新聞) https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/228534

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。