東京都病院協会が人材紹介事業をスタートか?

「日本病院経営革新機構」設立、まずは人材紹介から

東京都病院協会が病院経営の支援を本格化させるそうです。以下、報道内容でしか確認できていません。新しい日本医師会も病院経営支援に力を入れるとのことですので、コロナ禍の状況からも自然な流れのように思います。

東京都病院協会

報道によると、東京都病院協会は、病院経営の支援を強めるために「日本病院経営革新機構」という組織を設立し、その提供サービスの内容としてまずは人材紹介を行うとのことです。9月くらいから実際のサービスを提供するとのことなので、下準備の期間を考えるとスピード感があるように思います。

恐らく、人件費が病院PLに占める割合が高い、人件費が民間人材紹介会社の介入による想定より高く推移している、民間人材紹介会社の手数料が高い、などの直感から、年収、手数料の部分で融通することで価値を発揮するのではないかと思われます。

市場の原理が働きますので、何とも言えませんが、厚生労働省の医療人材紹介事業「医療のお仕事 Key-Net」も順調と聞きますので、一定の支援は期待できると思います。

都病協、紹介手数料軽減へ職業紹介事業を開始  新機構を設立(MEDIFAX)
https://mf.jiho.jp/article/209282

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。