日本海総合病院、迅速判定目指し「蛍光LAMP法」導入

精度は低いが、スピードアップ

日本海総合病院が「蛍光LAMP(ランプ)法」による検査を導入したそうです。蛍光LAMP法は、長崎大が民間企業と共同開発した検査手法で、PCR検査より検査時間が短く、迅速に結果が得られる検査です。精度はPCR検査よりも低いとされています。

日本海総合病院

迅速判定へ「蛍光LAMP法」導入 日本海総合病院が新検査(山形新聞) https://www.yamagata-np.jp/news/202006/24/kj_2020062400523.php

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。