薬剤師会、薬局への財政支援を要求

27.0%の薬局が、前年⽐30%以上減

日本薬剤師会

⽇本薬剤師会は、薬局への財政⽀援を求める要望書を厚⽣労働省に提出しました。

「新型コロナウイルス感染症が薬局経営等に及ぼす影響に関する要望書」の再提出について(日本薬剤師会)
https://www.nichiyaku.or.jp/assets/uploads/pr-activity/PressRelease_20200520.pdf

4月にも一度、提出したと思うので、今回が2回目となります。再度の提出は、薬局経営が予想よりも⼤きな打撃を受けているからだと推測しています。実際に、日本薬剤師会が実施した調査では、5~6⽉分の受付回数は、27.0%の薬局で「前年⽐30%以上減」と回答しています。外来患者数が減れば、処方箋枚数も減っるということだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。