「新宿モデル」医療提供体制のモデルになるかも

新宿区が「新宿モデル」で医療提供

新宿区は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)医療提供新宿モデル」をスタートさせると発表しました。

新宿区

新宿区、国立国際医療研究センター病院を含む区内の8病院、新宿区医師会、薬剤師会などが連携して、検査~重症患者を受入までを分担するそうです。

PCR検査は、国立国際医療研究センター病院で行うようですが、そこが、区からの委託事業なんですね。その後、区の医師会主導で、軽症から重症まで病状に応じた受け入れ先を探していくそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場がひっ迫した状況となる中、東京・新宿区は医療機関と連携して、感染者の重症度に応じて大小の病院に振り分ける新たな医療システムを立ち上げることになりました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 医療提供新宿モデル(新宿区) https://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000285901.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。