勤務時間外に行う研修は、労働時間でしょうか?

時間外の研修、案外参加されているのでは?

 働き方改革関連法が施行されて、まもなく1年が経とうとしています。皆さんの職場では、どれくらい影響があったでしょうか?今年の4月からは中小企業も対象になります。内容をおさらいすると、「時間外労働の上限規制」「年次有給休暇の時期指定」「同一労働同一賃金」の3つです。

 例えば、時間外労働の取り扱いで、よくある質問の一つに、「勤務時間外に行う院内研修は時間外労働か否か」というのがあります。参加が業務上義務付けられている研修や勉強会は労働時間となります。また、名目上「自由参加」となっていても、欠席すると何らかの不利益が生じる場合も同様です。「院内研修は自分のためだから」などと理由をつけて、残業手当は出ないことが当たり前ということがないように注意が必要です。

管理職は、今まで以上にスタッフの労働時間を把握することが求められています。そのためにも、時間外労働に対する見解を院内で統一して、スタッフに周知することが大事になります。それが管理職の負担軽減や、スタッフの安心感にもつながると考えます。

————————-
プロフィール
ペンネーム:人事採用仕事人T
略歴:民間企業を経て、病院で人事・採用を中心に行う。最近、独立して人事・採用コンサルタント

「人事採用仕事人T 」の他の記事は、こちらから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。