新潟県13の県立病院をてこ入れ、統合、縮小、移管など

地方自治体病院の統合再編のモデルケースになりそうです

新潟県は、県立病院13病院の役割や在り方の見直しをまとめた具体的内容を公開しました。新潟県立病院は、2018年度決算で約14億円の経常赤字を計上、2020年にキャッシュアウトする状況で、早急に方向性を見出したいと思っているはずです。

具体的には、柿崎、津川、妙高、加茂、吉田の6病院は縮小、市町村に移管、加茂、吉田は民間に移管、その他は改善着手という内容です。

新潟日報

県立6病院の縮小検討県が見直し案 市町村、民間運営を提案(新潟日報) https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20200211524296.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。