【病院と組織マネジメント】「院長」について

医師の管理者である「院長」について

HMI株式会社の花岡です。 今回は、医師の管理者である「院長」について記載します。

【医師】
注目している視点:実践する医療、病院経営
病院ヒエラレルキー:ヒエラルキーの最上位
得意な領域:診療件数、患者数の把握
苦手な領域:財務経理、各部署、医師たちのマネジメント

<組織マネジメントのポイント>
経営者でありながら、医師でもあります。
院長が医師マネジメントがスムーズにいっていれば、
病院経営については、大部分が上手くいきます。

経営者という立場ではありますが、
専門科目が違う医師に対して、方針を示せなかったり、
医師の要望を際限なく聞いてしまうと組織の形が崩れていきます。

【ありがちなエピソード】
経営が上手くいっている院長先生は、
強いリーダーシップを持ちながらも、自分の専門分野と、他職種の得意分野を区別し、
各職種を専門家として扱っています。
最終経営判断は院長先生がするものの、それまでは幅広く意見を聞くという姿勢が明確です。

経営不振な病院にありがちな院長先生は、2つのタイプに分かれます。
①ワンマン経営タイプ
自分の方針と合致しない場合、多数参加する会議の席上で面罵してしまうケースや、
当人がいなくなった時に批判してしまうケースがあります。
陰口や他部署批判が多い病院は、院長の姿勢に表れているケースがあります。

②意思決定が不得意なタイプ
経営判断に自身が持てない為、意思決定を先延ばしにしてしまうケースがあります。
自分は診療を一生懸命やっているのに、他職種が働いてくれないと考えがちですが、
院長先生が臨床業務を優先し、経営判断を後回しにしていまうことで、
各職種はどう動いたらいいのかがわからなくなります。

【各職種が注意したい点】
院長は医療のプロである医師が、経営者になっています。
財務分析や診療報酬のデータ分析等は得意ではないケースがありますが、
元々が非常に賢いので、各データから読み取るべき事項を明確に示すと理解が早いです。

重要な意思決定をお願いする場合には、口頭での説明だけでなく、
考えた論拠となる資料等を併せて提出します。
説明する際には、「まず結論としてはこう考えます。その後根拠はこうです。」
という順序で説明していきましょう。

=====================
株式会社HMI 花岡 芳郎
~病院経営を次のステージへ~
URL:http://www.hmiteam.com/
MAIL:hanaoka@hmiteam.com

略歴:大学卒業後、製造業に就職。社会人5年目で医療系コンサルティング会社に転職。 転職から4年、多くの病院の経営コンサルティングに関わり、医療機関の組織マネジメント改善に貢献。現場に入り込み、各職種と対話をしながら病院組織の再構築を強みにしている。
====================

株式会社HMI 花岡 芳郎へのお問い合わせはこちらから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。