日本調剤、オンライン服薬指導を実施、都市部初

オンライン服薬指導が動き出しそうです

日本調剤の椿森薬局が千葉市でオンライン服薬指導を実施したそうです。

日本調剤は、医療法人学而会木村病院でオンライン診療を用いる診察を受けた患者に対し、国家戦略特区(千葉市)の遠隔服薬指導事業者として、遠隔服薬指導を実施しました。本件、都市部で全国初となる遠隔服薬指導だそうです。

日本調剤 椿森薬局が行う遠隔服薬指導の流れの説明図
日本調剤

この遠隔服薬指導では、他院から処方されたお薬や記録されている血圧や体重等のデータも日本調剤の薬剤師がまとめて把握し、適切な薬物治療を行うことができるよう、日本調剤の電子お薬手帳「お薬手帳プラス」を活用したとのことです。 この仕組みを活用すると遠方におられる方が、日本調剤クラウドを介し、各種データをリアルタイムで確認することができるようになるそうです。このオンライン服薬指導が進むと、いろいろと患者の薬関連の動きが変わってきそうですね。

国家戦略特区(千葉市)における遠隔服薬指導で 日本調剤 椿森薬局が実施~愛知県での国家戦略特区2地域での実施に続き、当社では3例目 都市部における遠隔服薬指導実施の全国初の事例に~(日本調剤) https://www.nicho.co.jp/corporate/newsrelease/20191226_nr2/

日本調剤が千葉市でオンライン服薬指導を実施、都市部では初 (日経XTECH)https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06807/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。