済生会京都府病院、移転後、床面積4割増へ

出産からみとりまで切れ目ない医療を

2022年移転予定の済生会京都府病院は、2020年5月から新病院の建設を始めるそうです。移転後は、地上7階建て、延べ床面積が現病院(長岡京市今里)の4割増しとなる約2万3800平方メートル、現在と同じ25診療科で、病床数は現在から12床減の288床となるそうです。

移転の済生会京都府病院、床面積4割増へ 5月着工、22年秋開院目指す(京都新聞) https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/108058

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。