診療報酬改定の流れ、今回のポイント

診療報酬が上手く説明されていました

2020年は診療報酬改定の年です。読売新聞の記事で、診療報酬改定について端的にまとめられていた記事がありましたので、共有です。このサイトをご覧の方にとっては、釈迦に説法ですが、もし私が、専門外の方から説明を求められたら同じような内容を説明すると思います。

・診療報酬改定とは、診療報酬が原則2年に1回見直されることを意味していて、2020年4月が次の改定の時期にあたる。

・今回の改定の基本的な柱には、「医師の長時間労働の改善などの働き方改革」、「かかりつけ機能の推進など患者・国民に身近な医療の実現」「医療機能の分化・強化や地域包括ケアシステムの推進」「後発医薬品の使用促進などの効率化・適正化」が掲げられている。

・国は12月17日、診療報酬本体の改定率をプラス0.55%(うち0.08%は消費税財源を活用した救急病院における勤務医の働き方改革への特例的な対応)とすることを決めた。内訳は、医科が0.53%、歯科が0.59%、調剤が0.16%。一方、薬価をマイナス0.99%、材料価格をマイナス0.02%引き下げ、全体ではマイナスとなる。

・診療報酬点数の具体的な個別の改定については、中央社会保険医療協議会(中医協)という会議で話し合われる。中医協は、厚生労働相の諮問機関として、法律に基づいて1950年に設置された。

・中医協の委員は20人と決められている。支払い側(1号側)と呼ばれる健保組合や患者の立場などを代表する委員7人、診療側(2号側)と呼ばれる医師会や病院団体、歯科医師会、薬剤師会を代表する委員7人と、学識経験者6人の公益委員からなる。このほか専門委員として、看護協会や製薬企業の代表など10人が議論に参加する。

・中医協には、診療報酬の改定率そのものを決める権限はない。改定率は予算編成の過程を通じて内閣が決定する。

・中医協は、改訂年前年9月から本格論議スタート 来年2月にとりまとめを行う。

2020年4月の診療報酬改定 中医協の議論がヤマ場に 医師の長時間労働の是正、かかりつけ機能の推進へ(読売新聞) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191224-OYTET50000/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。