名古屋市医師会が医療求人、紹介料なし、来年1月から

名古屋市医師会、独自に人材確保

名古屋市医師会が、来年一月に独自の求人サイトを開設し、自前で人材確保を始めます。対象は医師や看護師、助産師、保健師、送迎ドライバーなど三十四職種です。採用が決まった場合も紹介手数料は発生せず、市全体の活性化につながることを期待しています。

サイトは1月6日にスタートします。人材採用支援会社「HRソリューションズ」(東京都中央区)から技術提供を受け、数百万円をかけて制作したそうです。求人を希望する名古屋市医師会の会員が払う年一万円の登録料でコストを賄うそうです。

市医師会などによると、医療求人サイトは医師や看護師などの団体や民間業者が複数開設しているが、職種を限ったサイトが多く、送迎ドライバーや管理栄養士などを含め、医療機関の経営に必要な人材を一括募集するケースは珍しい。民間業者のサイトは採用に結び付いた場合、医療機関側がサイトの運営者に紹介手数料を払うケースが多い。

中日新聞

市医師会のサイトは、求職者がスマートフォンなどを使って働きたい区や職種、勤務形態などの条件を絞り込み、希望の医療機関を選択。通信アプリ「LINE」などで応募する。医療機関は本人と直接やり取りして採用の可否を決めるが、結果にかかわらず紹介手数料は発生しない。

中日新聞

医療求人、仲介料なし 名古屋市医師会が来年1月独自サイト(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。