看護師を目指し、全国から高校入学、岡山県立 真庭高等学校

岡山県で高校生を全国募集

岡山県の真庭高等学校が、看護科の募集を全国を対象に行っています。

真庭高等学校は、岡山県真庭市に位置し、古くから旭川の水運に恵まれ、高瀬舟が往来する交通の要衝として発展してきました。現在も、中国自動車道とJR姫新線が通り、北は鳥取、南は岡山へ分岐する交通の結節点です。また、真庭市内でも病院などの医療福祉施設が集積しているエリアとなっています。

キッズマニワーク

当該の高校は、大正13年に「落合実科高等女学校」として発足。戦後、岡山県立落合高等学校と改称され、昭和44年に衛生看護科を設置し、平成23年から岡山県立真庭高等学校となりました。看護師をめざす教育課程として、看護科・専攻科5年間の一貫教育を行っています。高校3年間で、看護の基礎・基本を身に付け、専攻科2年間で、専門分野を深め、ジェネラリストを目指します。保健師や助産師、養護教諭などの資格取得のため進学する生徒もいます。一人ひとりの弱点分野を分析し、丁寧な個別指導で国家試験合格を目指しているようです。

まにわ食育健康マルシェ

岡山県立真庭高等学校 2020年度 看護科募集要項 全国募集 http://www.maniwa.okayama-c.ed.jp/otiai/kang0/zenkokuboshu.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。