さいたま市、AIでインフル流行予測

AIでインフルエンザ予報

さいたま市は、AIを活用したインフルエンザの流行状況を予測・情報配信するサービスの開始した。本サービスは、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜と共に行う実証実験として2020年3月まで行われるそうです。

インフルエンザ予報(さいたま市) https://www.flu-info.jp/flu-map/pre/st/

このサービスは、日本医師会ORCA管理機構が全国4,000以上の協力医療機関から提供を受けたインフルエンザを含む感染症の罹患者数データを市区町村別にまとめた「ORCA サーベイランス」を用い、データを組み合わせてAIで分析、予測する仕組みです。

今回は、流行が予測されるインフルエンザの罹患率の低下に向けて、さいたま市における4週間先までのインフルエンザの流行度合い(レベル0からレベル3)を予報する住民向けWebサイトを公開し、PCやスマホ、タブレット端末などからアクセスすることで、流行速報やインフルエンザの予防・処置に役立つ関連情報を提供するもののようです。

AIでインフル予報 実証実験始まる さいたま(NHK) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204761000.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。