神奈川県が「未病」アプリを無料提供

「未病」をご存知ですか?

「未病」とは、健康と病気の中間状態を指します。神奈川県は、「未病」状態の個人に対して、健康状態や将来の疾病リスクを「未病指標」として数値化するシステムを開発、スマートフォンアプリで2020年3月末から無料提供します。

3年間で15万人の利用を目指し、急速な高齢化に伴う社会保障費の増大が懸念される中、手軽な測定システムの普及で県民の健康寿命を延ばす考えです。

計測は、(1)生活習慣(2)認知機能(3)生活機能(4)メンタルヘルス・ストレス-の4領域に行われます。性別や年齢、BMI(身長・体重)、歩行速度のほか、「階段の昇降は困難か」といった設問の回答などを入力すると、各領域と総合の指標が100点満点で表示されます。メンタルヘルスは、音声をスマホに吹き込むとストレス状態などが判別できるそうです。

アプリに表示される未病指標のイメージ(県提供)
アプリに表示される未病指標のイメージ(県提供)

「未病」アプリで測定  神奈川県など開発 来年3月に無料提供(神奈川新聞) https://www.kanaloco.jp/article/entry-209886.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。