24時間、看護師がロボット経由で遠隔見守り

IoTと医療従事者の連携サービス

福岡のスタートアップ「ワーコン」が、ロボットや生体センサーで24時間見守りをし、何か起きれば医師らが即時に駆けつけるサービスを開始しました。

株式会社ワーコン https://www.wa-conpro.com/index.php

このサービスは壁やベッドに設置した生体センサーで、患者の体温や血圧などを常時測定し、遠隔地で24時間体制で看護師が状況を見守ります。仮に何か異常をみつけると、最寄りの医師に連絡します。看護師は1人で約200人まで見守っているそうです。

福岡市のワーコン 遠隔で看護師が24時間見守り(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52298920Y9A111C1962M00/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。