医師確保予算いろいろ

医師の確保は地方行政上大きな課題なんですね

地方自治体の方から医師確保について質問を受けたので、WEB上でどのような状況なのか検索してみたのですが、かなりの量の記事が検索結果に出ていきますね。詳しく掲載していた都道府県がありましたので整理してみました。また、多くの都道府県が看護師確保の予算も計上しており、時間がある際にそちらも調べてみようと思います。

  • 群馬県:2019年度 医療人材確保予算26億円
  • 緊急医師確保修学資金貸与(医務課) 2億127万円
  • 医師確保修学研修資金貸与(医務課) 4320万円
  • 地域医療支援センター運営(医務課) 9074万円
  • ぐんまレジデントサポート推進【拡充】(医務課) 1730万円 (臨床研修医同士の交流や研修意欲の向上を図るため、新規採用医師等が一堂に会する合同オリエンテーションを医師会と共同で開催)
  • 専門医認定支援事業(医務課) 17万円
  • 産科医師等確保支援(分娩手当補助)(医務課) 1969万円
  • 産科医師等確保支援(周産期医療従事者育成支援)(医務課) 250万円
  • 産科医療を担う産科医等の確保(医務課) 976万円
  • 女性医師等就労支援(医務課) 1500万円
  • 千葉県:医師確保事業 2019年度予算9億5270万
  • 埼玉県:医師確保事業 2019年度予算7億7000万円
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。