2020年改訂の入院基本料に関する検討内容が見えてきました

7:1、看護必要度、地域包括ケアなどの見直し

10月16日の中医協「⼊院医療等の調査・評価分科会」で入院に関する議論が行われ、分科会としての検討結果案が提示されました。

入院医療等の調査・評価分科会における検討結果 報告(案)(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000557368.pdf

報告者の内容は、7対1の届出状況、看護必要度IIの届出促進、地域包括ケア病棟⼊院料の実績要件⾒直し、データ提出加算の対象病院拡⼤、DPC機能係数IIで医師主導治験実施施設や新型インフルエンザ等協⼒医療機関を評価、などになります。各病床区分ごとに検討点が挙げられており、この内容を元に、具体的な加算点数、条件の検討に入ります。正式な報告書は、月末に提出されることになっているので、そちらも確認します。

中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織(入院医療等の調査・評価分科会)) (厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo_128166.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。