AIで胃がん検診 2022年実用化

AI技術が目まぐるしく進化しています

内視鏡画像診断の支援AI開発に取り組むAIメディカルサービス(東京都豊島区)とがん研有明病院(同江東区)、聖マリアンナ医科大、日本医科大などが共同で、医師による胃がん内視鏡画像の診断をAIにサポートさせる日本初のシステム開発を進めているそうです。

株式会社AIメディカルサービス https://ai-ms.com/

本プロジェクトは、協力先の市内各医療機関の医師が病変場所をマークした内視鏡の静止画像を集め、がん研有明病院、日本医科大、聖マリアンナ医科大の医師らが確認した上でAIに学習させる、というプロセスを踏むそうです。

胃がん検診AI支援 22年実用化目指す(神奈川新聞) https://www.kanaloco.jp/article/entry-197300.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。