副看護部長が親睦会費860万円流用で解雇

副看護部長が親睦会費860万円着服

福岡市民病院の副看護部長が、看護師の親睦会費860万円を私的に流用していたことで、懲戒解雇されたようです。

懲戒解雇されたのは、福岡市民病院の看護部の49歳の女性副看護部長で、看護師全員が加入している親睦会の会費860万円を自身の借金返済や生活費にあてたと話しているそうです。現状、副看護部長は193万1000円を返済したそうです。

市民病院副看護部長が私的流用(NHK) https://www3.nhk.or.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。