次の医療技術のために従業員数十万人の遺伝子データ収集

東芝が従業員の遺伝子解析

東芝が新事業開発を目的に、日本人従業員1万人分の遺伝子データ収集を始めたそうです。集まった遺伝子データを解析して、個人の体質に合わせた病気の治療法や予防法を提供するそうです。

このプロジェクトは「ジャポニカアレイ(日本人の配列)」というそうで、東北大との共同事業として進めるそうです。 す。

数十万人の遺伝子データ収集、まず従業員から 東芝募る(朝日新聞) https://www.asahi.com/articles/ASM8X5G1KM8XULFA01F.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。