名古屋大学が医学系大学院内の構成を再編

学術分野も現在の医療ニーズに最適化

名古屋大学が医学系大学院内の構成を再編する記事を目にしました。学術分野でも現在の医療ニーズに適した形に適応して行っていますね。

名大、保健学の大学院再編 情報科学と融合、病気予防研究を強化(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019081702000094.html

名古屋大学は2020年4月に四月、大学院医学系研究科内にある保健学関連の専攻を、人工知能(AI)などの情報科学分野と統合する形で再編するそうです。健康寿命を延ばす、病気の予防や早期発見に関わる研究者の育成強化へと転換を目論むようです。

結果として、現在の「医療技術学」「リハビリテーション療法学」「看護学」の三つが「総合保健学」の一つ集約される形になります。病気の予防や早期発見に関する研究、AIやビッグデータといった情報科学の活用が目的のようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。