三田市の救急出動が最多に、高齢化が背景に

高齢化で救急車の出動が最多に

兵庫県三田市で救急車の出動台数が過去最多になったそうです。軽度の搬送が多いのかと思いきや、そこまででないようで、単純に高齢化による人口動態の変化が背景にあると書かれています。

高齢者が増えると救急車の台数が増えるのは予想できるのですが、現実になってみると、行政の対応や救急体制の見直しなど、これまでの延長線上では解決できない事態が発生することもあるかもしれないですね。

三田市の消防によると05年以降、救急出動件数は増加傾向で、年間で見ても18年は過去最多の4178件を記録したそうです。19年は上半期だけで前年比67件増とのことです。

三田市消防の救急出動が最多に 高齢化で今後も増加予想 19年上半期(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201908/0012643396.shtml

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。