阪大、世界発、iPS細胞から移植に成功

医療技術が次世代に進化しつつありますね

大阪大が、他人の細胞をもとにしたiPS細胞から目の角膜の細胞シート作成し、別の患者に移植する手術に成功したそうです。世界初です!

手術は7月25日に実施し、患者さんは日常生活に支障がない程度まで視力が改善しているそうで、予定通り退院されたそうです。iPS細胞から作った角膜の細胞を移植する手術は世界初だそうです。

iPS由来の角膜細胞、阪大が患者に移植…世界初(読売新聞) https://www.yomiuri.co.jp/science/20190829-OYT1T50213/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。