がん治療「第5の道」住友重機・ローム・楽天が競争

がん治療で企業が競争

がん細胞に薬剤で目印をつけて、破壊する新しい治療法が2020年にスタートします。放射線と薬剤を組み合わせ体へのダメージが小さく、これまで以上の効果が得られるこの方法は、がん治療「第5の治療法」と言われています。

ちなみに、 がん治療においては、手術や従来の放射線、抗がん剤、免疫療法が現行で行われており、その次に位置するという意味合いです。

治療に使う装置や薬の開発で住友重機械工業、ローム、楽天メディカルなどのが参集しており、今後の主導権を狙ってしのぎを削っています。

新しい治療法で多くの患者さんが助かれば幸せなことですし、その普及に日本企業の技術が役に立つのであれば、それまたうれしいですね。

福島SiC応用技研が開発中の小型BNCT装置のイメージ図
ローム

がん治療に第5の道 住友重機・ローム・楽天が競う(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48475930Q9A810C1EA5000/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。