北海道の外来医療計画3本柱

北海道の外来3本柱

道総医協地域医療専門委員会で、北海道の外来医療について3つの方向性が示されました。

方向性①外来医療の現状や今後の見通しを示す情報を整理して発信し、圏域ごとに不足する外来医療機能等を見える化

方向性②各調整会議で外来医療機能等の状況、外来医師多数区域等では新規開業の状況をフォローアップ

方向性③医療介護総合確保基金を利用し、不足する外来医療機能等確保を支援

上記内容を加味して、9月上旬に計画の素案を作成、計画素案を10月下旬に作成し、パブリックコメントを経て2020年2月上旬に計画案を完成させるスケジュールです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。