三重県南伊勢町、2040年に人口70%減

人口が増加するエリアはわずかで、ほとんどが人口減少

7月の中医協総会で人口減少が市町村別にまとめられているものがありました。当然、人口減少地域では、必要ベット数の点検が必要なので、そういった議論の方向だと思うのですが、それ以上に気になったのが人口減少率の大きさです。エリア別にみても、人口が増加するエリアはわずかで、ほとんどが人口減少となり、30%減、40%減も相当量あります。

地域づくり・まちづくりにおける医療の在り方について(中医協) https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000527381.pdf

人口100万人以上の市町村でも、仙台市では、2040年にかけて人口が20%近く減少し、人口100万人を切るようです。その他、北海道小樽市では、50%近く、三重県南伊勢町では、70%近く減少するようです。

中央社会保険医療協議会 総会(第418回) https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00032.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。