「島皮質」にて感情を読み取ることを発見

感情を理解する場所を特定

名古屋大学の本村和也准教授と慶應義塾大学の梅田聡教授の研究グループが感情認識 に関わる脳機能ネットワークを明らかにしたそうです。

不勉強で申し訳ないのですが、今まで解明されていないかったのだと知りました。

今回の発見は、嬉しい、悲しい、腹立たしい、といった自己の感情を認識するために、脳内のネット ワークがどのように機能しているか?という問いの答えではなく、どこの場所がその機能を果たしていそうか?ということが分かったということだそうです。

感情認識する脳部位を特定 心の機能残す手術に応用も(日本経済新聞社) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45984890S9A610C1CR0000/

意識下での手術による脳と心に関する脳機能ネットワークの解明 ~脳と心の脳神経外科学・認知神経科学の融合型研究~(慶応義塾大学) https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2019/6/6/20190606-1.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。