2025年までに70代認知症「6%減」目標

政府が認知症患者の抑制に目標設定

報道によると、政府は、認知症の人数を抑制するための数値目標を設定することにしたそうです。目標は2025年までの6年間に、70代の人口に占める認知症の人の割合を6%減らす、となるようです。数値達成を目指すことで、予防、関連活動の推進を目論んでいるのだと思います。

そもそも、今まで経験したことのない状況ですから、何が妥当なのかわかりませんが、健康で長生きすることにつながればいいですね。新聞掲載の数字によると2025年には65歳以上の5人に1人は、約700万人が認知症になるとしています。

認知症割合「6%減」 25年まで 政府、70代数値目標(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20190515/ddm/001/010/157000c

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。