PT、OT、増え過ぎ・・・計画的な養成が必要

PT、OT、増え過ぎ・・・、2040年には必要数の1.5倍に

厚生労働省の、医療従事者の需給に関する検討会の「理学療法士・作業療法士需給分科会」で、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の人数が、2040年ごろに需要数の約1.5倍に増えると公表しました。

公開された調査結果と意見では、人数の指摘と同時に、PTやOTの養成の質低下、学校・養成施設への教育の質評価、学校・要請施設の設置許可について、なども含まれています。

人口動態が変わっているので、患者の状態、疾患も変化するはず、その結果、提供する医療、介護の内容も変化します。実態に合わせた変化が必要なのだと思います。

理学療法士・作業療法士需給分科会(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_348780.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。