遺伝子操作の受精卵、臨床応用、法規制検討

政府は、遺伝子操作された受精卵を子宮に戻すことについて、法規制を検討することを明確にしました。

遺伝子操作は、遺伝病の治療などに役立つ一方、これまで想定されていない健康被害を引き起こす可能性があります。

先日、中国の研究者が、ゲノム編集で受精卵の遺伝子を操作し、双子を誕生させたと発表し、国際的に批判を浴びたのは記憶にありますね。

受精卵ゲノム編集の臨床応用、法規制を検討 政府方針(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASM4H3F5HM4HULBJ003.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。