産科医半数退職、お産休止

大津市民病院、分娩休止

大津市民病院は、6月1日から分娩を休止するそうです。産婦人科医の退職が原因で、後任も確保できていないようで、受診者には近隣での分娩ができるよう他の医療機関を紹介しているそうです。

昨年度の分娩数は、218件。6人の産婦人科医で対応していたそうです。医師6人のうち1人が3月末、2人が5月末に退職することになったそうです。

現在受診中で6月以降に出産予定の妊婦さんは66人おられるとのこと、他病院への紹介が円滑に進むと良いのですが。

産科医の半数退職、お産休止へ 全国的不足も影響、大津市民病院(京都新聞)
https://www.kyoto-np.co.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。