外国人患者受入、通訳配置、電話対応15言語

足利赤十字病院で、外国人患者受入、通訳配置、電話対応15言語

外国人患者受入対応が各地で進んでいますね。足利赤十字病院のその後の記事を見つけましたので、共有です。

足利赤十字病院では、北関東発、外国人患者の受け入れ態勢を評価する「外国人患者受入れ医療機関認証制度」(JMIP)の認証を取得、通訳を配置し、資料や案内の多言語化を15言語にて実施、電話対応の体制も整えました。

足利赤十字病院、北関東初「JMIP」認証取得 外国人患者受け入れ充実 通訳配置、電話対応15言語(下野新聞)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/144537

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。