医師偏在、2036年度是正が適切

厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」は、医師偏在対策について「第4次中間取りまとめ」を発表しました。

医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会 第4次中間取りまとめ(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000496158.pdf

結局、「2036年度を医師偏在是正の目標年とすることが適切」との結論として、2036年度まで「医師確保計画の計画」を5回繰り返すことになります。

厚生労働省より

人口減少も同時に進むので、どの程度、医師の集約が進むのか、その度合いをイメージしにくいですね。

医療従事者の需給に関する検討会(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_315093.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。