厚労省「調剤業務のあり方」通知

調剤業務のあり方について、厚労省、通知

厚生労働省から、 調剤業務のあり方について通知が出ました。 薬剤師の業務が変わってきそうですね。診療報酬とも関連してくると思われます。

調剤業務のあり方について
(平成31年4月2日薬生総発0402第1号厚生労働省医薬・生活衛生局総務課長通知)
https://www.mhlw.go.jp/content/000498352.pdf


1 調剤に最終的な責任を有する薬剤師の指示に基づき、以下のいずれも満た す業務を薬剤師以外の者が実施することは、差し支えないこと。なお、この場合であっても、調剤した薬剤の最終的な確認は、当該薬剤師が自ら行う必要があること。
当該薬剤師の目が現実に届く限度の場所で実施されること
薬剤師の薬学的知見も踏まえ、処方箋に基づいて調剤した薬剤の品質等に影響がなく、結果として調剤した薬剤を服用する患者に危害の及ぶことがないこと
当該業務を行う者が、判断を加える余地に乏しい機械的な作業であること

調剤業務のあり方について (厚生労働省 通知)

4 なお、以下の行為を薬局等における適切な管理体制の下に実施することは、 調剤に該当しない行為として取り扱って差し支えないこと。
納品された医薬品を調剤室内の棚に納める行為
調剤済みの薬剤を患者のお薬カレンダーや院内の配薬カート等へ入れる行為、電子画像を用いてお薬カレンダーを確認する行為
薬局において調剤に必要な医薬品の在庫がなく、卸売販売業者等から取り寄せた場合等に、先に服薬指導等を薬剤師が行った上で、患者の居宅等に調剤した薬剤を郵送等する行為

調剤業務のあり方について (厚生労働省 通知)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。