看護師長、パワハラで減給

四国がんセンター(国立病院機構)で複数の部下を大声で指導するなどパワハラ行為を繰り返したとして、看護部の女性看護師長(56)が減給(過去3カ月の平均給与の半日分)の処分になったそうです。

実際のどのような温度感だったのかが気になりますが、部下や周囲から何らかの訴えがあったのでしょうね。

発表によると、看護師長は2018年4月以前に複数回、院内で、同じ部署に所属する複数の部下に対し、他職員の前で大声や厳しい口調で指導を行ったほか、ペンでテーブルをたたいたり、紙の資料を放り投げて返したりしたそうです。院内のハラスメント相談窓口に相談があり、発覚したそうです。

看護師長パワハラ懲戒 四国がんセンター(愛媛新聞)
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201903290118

パワハラ行為で減給、看護師長を処分 四国がんセンター(毎日新聞)
http://mainichi.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。