【2018年度診療報酬改定影響率調査結果】入院、外来、病床利用率、在院日数

以下、すべて前年同月比です
・入院患者数は、1.7%減
・外来患者数は、0.7%減
・平均在院日数は、2.5%減で、短縮しています
・病床利用率は、1.4%減で、低下しています
・在院日数と病床利用率の減少幅の差から、「在院日数の短縮」と「新規獲得」がうまくバランスできたということでしょうか。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。