医薬品を運搬、ドローン実験

浜松市と浜松医科大、小型無人機の研究開発会社「イームズラボ」はが、浜松市市天竜区佐久間町で実証実験を行った。

佐久間病院屋上から同町の下川合橋付近の河川敷までの約2・1キロ間で模擬医薬品、検体を運搬した。ドローンは飛行プランに沿って天竜川、大千瀬川の上空約70メートルを飛行。離着陸まで自動で実行し、片道約6分間で安全に運んだ。

世の中は、確実に進化していっていますね。

医薬品を運搬、目視外飛行 浜松山間部、ドローン実験締めくくり(静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/health/shizuoka/610468.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。