病院備品売却、小田原市立病院職員を懲戒免職

小田原市は、市病院管理局経営管理課主任の女性職員(34)を懲戒免職処分にしたと発表しました。市は全額弁済を求めるとともに、刑事告訴も検討とのことです。

市によると、職員は、病院が購入した備品135点(同74万3701円)をインターネットオークションを通じ計32万4803円で売却したとのことです。当該の職員は、勤務中に落札者への商品封入なども行っていたという。

病院備品をネットで売却 小田原市立病院職員を懲戒免職 (神奈川新聞)
https://www.kanaloco.jp/article/entry-150902.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。