川崎市 四年制看護大開設へ

川崎市は四年制看護大学の開設を目指すそうです。

予定では、3年後の開学、一学年の100人、市立看護短期大学の施設を活用しするそうです。看護短大は市が1955年に開設、卒業生の55%が市内に就職しているとのこと。

四年制の設立は、看護人材の安定的な確保が狙いなんだと思います。

やはり、看護師志望者の多くが四年制大学への進学を希望していることに加え、全国的に四年制の看護系大学の急増が背景にあるのでしょう。

4年制看護大 22年開学へ 川崎市計画案、定員100人(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。