診療報酬の「プラス改定」が必須

週刊タイヤモンドの横倉さんへのインタビューの第1弾です。インタビューの前編という扱いですね。

診療報酬改定のことに紐付けられていますが、話している内容は医療現場というよりはプライマリーバランス直下のマクロ経済という印象です。

いわゆる政治の話と感じてしまします・・・

以下、一部抜粋

社会保障の充実が、経済の好循環をもたらし、それにより財政再建の道も開く。現在の消費低迷は、急激な高齢化社会に向かう中で国民が抱く“不安”が主因となっているので、安心して社会保障が受けられる環境となれば、消費も増え、地域経済のみならず都市経済も活発化する。その結果、税収が増えれば財政再建につながるのではないでしょうか。そのためにも、診療報酬の適正な「プラス改定」は必須であると考えています。

診療報酬の「プラス改定」が必須である理由、日本医師会会長が語る(週刊ダイヤモンド)
https://diamond.jp/articles/-/192288

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。