徳洲会とシーメンス、画像診断AI領域で提携

徳洲会とシーメンスが画像診断領域で提携するそうです。AIを活用してオペレーションの改善を目指すという内容です。

サイト上では、「 AIソリューションを用いた画像診断の共同研究、検体検査工程の完全自動化、人材最適化に向けた超音波研修プログラムに関するパートナーシップ契約 」と表現されています。

以下、シーメンスサイトからの抜粋です。

======

主なパートナーシップの内容は以下の通りです。
・湘南鎌倉総合病院の近隣にある湘南ヘルスイノベーションパーク(神奈川県藤沢市、通称; 湘南アイパーク)内に共同で「AIコラボレーションセンター」を設立・運営し、AI ソフトウエアによる胸部画像からの診断支援など、AIに関する共同研究を行う
・湘南鎌倉総合病院への先端的な臨床検査システム、及び搬送システムの導入による検体検査工程のさらなる自動化を推進する
・「US(ユーエス)アカデミー」の開講: 湘南鎌倉総合病院の臨床検査技師がより専門性の高い生理検査に対応できるよう、シーメンスヘルスケアが継続的に超音波画像診断機器のトレーニングを提供する(USはUltrasound=超音波の略)

=======

徳洲会グループとシーメンスヘルスケア、AI共同研究、検体検査の完全自動化、人材最適化を図る研修プログラムに関するパートナーシップを締結(シーメンス)
https://www.healthcare.siemens.co.jp/press-room/press-releases/pr-20190205-tokushukai.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。