10連休中、広島の基幹病院、足並み揃える

10連休、広島市内の基幹病院は足並みを合わせて、例年並みのスケジュールを想定している。

県立広島病院(南区)と広島赤十字・原爆病院(中区)が4月30日、5月2日を開院とする。広島市民病院(中区)、安佐市民病院(安佐北区)も開院を検討しているとのこと。 広島がん高精度放射線治療センター(東区)は、4日間、開院するそうです。

一方、広島大学病院(南区)は10連休にすることを決めた。「医師の長時間労働が問題になっていることもあり、正月などと同様に、暦通り休む」(新本陽一郎・総務グループリーダー)とのことです。

広島県は、10連休中に開院する病院の情報を、3月中をめどに、ホームページでの公表することを予定している。

「10連休中」数日開院 医療態勢確保へ広島市内一部病院(中国新聞)https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/article/article.php?comment_id=501936&comment_sub_id=0&category_id=118

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。