ICT活用で医師不足対策

遠隔診療を活用して、医師不足を補おう、という考え方です。基本的なコンセプトは動画や画像の共有を行って、遠方にいる医師からコンサルトを受ける、というもの。

専門性の担保としては有効ですね。ただ、知識面ではなく、基本的に工数が不足している、という問題に対しては、十分な解決策にはなっていない可能性もあります。

今後、医師、看護師の働き方が見直される中で、ICTの利用はもちろん、医療提供体制の見直しも検討されるでしょう。

治療にICT活用 医師不足対策で県 遠隔画像診断訓練(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201901/CK2019012302000147.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。