在宅医療で患者、家族が鎮痛剤投与

PCA法を使って、患者が自分で鎮痛剤を投与できるという旨の報道を何度か目にしました。

在宅医療が広がる流れの中で、緩和ケアに関する内容も日常生活の中で目にする機会が増えてきているのですね。

PCA(Patient Controlled Analgesia:自己調節鎮痛法)について (亀田グループ)
http://www.kameda.com/patient/topic/palliativecare/08/index.html

在宅医療で患者、家族が鎮痛剤 投与システム利用 出雲圏域外に拡大(山陰中央新報)
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1546652048505/index.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。