未読画像診断報告書、リスト作成してチェック必要

先日、東大病院で 専門医による画像診断の報告書のうち、約4割が「未開封」だあった件を共有しました。別件で群馬大学の医療事故の報告書を見ていたのですが、すぐにできる具体的な対策に、

「未読画像診断報告書管理については,附属病院として定期的に電子システ
ムを利用して未読画像診断報告書リストを作成し,当該診療科の診療責任者
に報告する体制が必要である。」

とありました。結構な割合で未開封、未読のものがあるのかもしれないですね。また、電カル上での改善を求める文章もありました。

「電子システムに関しては既読・未読管理が容易にでき,適切なフィードバ
ックが容易にできるシステムを構築すべきであり,これは個別の医療機関で
はなく,業界団体が早急に政策的に対応すべき問題でもある。画像診断報告
書作成の進捗や1年前の画像診断報告書を最新のものと誤認しないようなデ
ザインも同時に検討がなされるべきであり,それらが標準規格となることが
望ましい。」

医療事故調査報告書 概要(平成30 年3 月30 日公表事例)
群馬大学医学部附属病院 医療事故調査委員会
http://hospital.med.gunma-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/11/H301121-CTgaiyo.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。