グンゼ、軟骨再生シートで再生医療参入

グンゼが再生医療に本格参入する。以前、オリンパスの例も取り上げさせていただきましたが、各社再生医療への取り組みを進めているんですね。

今回、グンゼが開発したのは、軟骨の再生を促すシート「CHONDROVEIL(コンドロベール)」です。すり減った軟骨にシートを貼って治療するそうです。2019年秋から欧州で販売を始め、その後、日本や中国などでの販売も検討するとのことです。

シートを使うと、培養が不要で、その結果、組織を取り出す必要もないそうです。培養には、約4週間かかるとのことなので、治療期間を短縮できるそうです。価格は3センチ×3センチのシートで約10万円とのことです。

グンゼ、再生医療に本格参入 軟骨再生促すシート  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36347360R11C18A0000000/?n_cid=SPTMG002

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。